Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

国内最大のクラウドファンディング CAMPFIRE

CAMPFIRE

国内最大のクラウドファンディング【CAMPFIRE】

ガジェット、飲食、ファッション、漫画アニメ、まちづくり等、
支援額1,000万円超のプロジェクトも多数掲載しています。

★CAMPFIREの特徴

①CAMPFIREが厳選したインパクト投資ができる

一番のメリットはインパクト投資ができることです。

単純にお金を求めるだけでなく、それと同時に社会貢献も可能です。

誰かのためになるという「意味のある投資」ができます。

最近は投資家の毛色も様々で、金銭リターンだけでは魅力に感じないという人も多くなってきました。

そんな人にはオススメです。

②1万円から投資可能

CAMPFIRE Owners(キャンプファイヤーオーナーズ)の最低投資金額は1万円から。

現在1万円未満で投資ができるのはクラウドポートが運営するFundsのみです。

業界でみても最低水準のレベルです。

1万円なら気軽に投資ができますね。

③低資金で分散投資ができる

1万円から投資ができるということは2万円あれば違うファンドにも投資ができるので、
少ない資金で分散投資ができます。

CAMPFIRE Owners(キャンプファイヤーオーナーズ)は社会貢献という面が強いですが、
それでも損をしてしまっては意味がありません。

気に入ったファンドがあった場合は一つのファンドにオールインしてもいいと思いますが、
できれば複数のファンドに投資をして分散投資するのがオススメです。

お金が返って来ればまた違うファンドに投資ができるという好循環なエコシステムができます。

④相場の変動リスクがない

株式投資の場合、市場が開いている間は株価変動があります。

一方、CAMPFIRE Owners(キャンプファイヤーオーナーズ)では相場の変動がありません。

運用期間が無事に終了すれば「元本」+「利息」が受け取れます。

心理的負担が少ない投資です。

 

Readyfor (レディーフォー)


READYFOR (レディーフォー)

日本初・実績No.1のクラウドファンディングサイト
【Readyfor (レディーフォー) 】

掲載数1.5万件以上、累計支援総額180億円以上!

業界最安水準の手数料で達成率75%以上を実現。

社会活動から企業の商品開発、個人の活動支援まで幅広い成功実績が多数。

★Readyfor (レディーフォー) の特徴

①専任の「キュレーター」が資金調達をサポート

レディーフォーを通じて資金調達を行う企業や個人は、実行者と呼ばれています。

どういったプロジェクトを企画して資金募集を行うかということについては、
実行者自身が策定しなければなりません。

しかし、実際にクラウドファンディングのウェブサイトでプロジェクトを公開した後、
順調に資金が集まるかどうかはわかりません。

レディーフォーは業界で約30%程度と言われている資金調達成功率に対して、
75%の成功率を叩き出しています。

キュレーターという実行者をサポートしてくれる専任担当者が付いてくれることによって、
資金調達がスムーズに進められるように支援してくれる仕組みが大きな要因になっています。

素晴らしいプロジェクトのアイディアがあっても、それを上手にプロモーションする
ノウハウに欠ける実行者はたくさんいると思われます。

実行者と支援者のマッチング率を上げるために、キュレーターが重要な役割を果たしていると言えるでしょう。

②レディフォーにしかないリターン

利用者はレディーフォーにおいて、支援者と呼ばれています。

支援者は、レディーフォーを通じて普段なかなか目にすることのできないような
製品やサービス、または社会的な意義の高い活動などのプロジェクトを探します。

そして、そのプロジェクトに対して自分の支援できる範囲で資金を提供し、携わることができます。

レディーフォーのクラウドファンディングの多くは購入型のため、
プロジェクトが成功した際には、支援した金額に応じてリターンを得ることができます。

リターンについてはプロジェクトごとの説明ページで紹介されています。

一般には売っておらず、レディーフォーでしか手に入らないものもあります。

③支援者の手数料は無し

レディーフォーのビジネスモデルは、基本的に実行者からの資金調達の金額に応じた掲載手数料と
決済手数料収入によって成り立っています。

そのため、支援者に対して手数料を請求していません。

また、支払い方法としては銀行振込とクレジットカード払いが用意されています。

クレジットカードで支援した場合は、プロジェクトの目標金額に到達し
プロジェクトが成立した時点で決済されます。

すでに成立したプロジェクトを支援した場合は、購入時点で決済されます。

 

ふるさと本舗


ふるさと本舗はふるさと納税制度をきっかけに、自治体と生産者と寄付者、
これら3者を繋ぐために作成され、ふるさと納税から発展した地域経済の活性化を目指しています。
★ふるさと本舗の特徴

①グルメに特化したポータルサイト

ふるさと納税の返礼品には食品だけでなく、工芸品や電化製品など多くの製品があります。

種類が豊富なことは選ぶ楽しさが大きいのですが、その一方、検索のたびに多くの返礼品が表示されるため、
お目当ての食品にたどり着くためには手間がかかってしまうことがあります。

ふるさと本舗は、食品のみを取り扱ったポータルサイトになっており、
全国各地のグルメな返礼品だけが表示されます。

そのため、ふるさと納税の制度を主に食品をメインに活用したい人には
ふるさと本舗が非常におすすめです。

②寄付と購入のハイブリット型サイト

ふるさと納税は自己負担金2,000円でさまざまな食品を手に入れられるお得な制度です。

しかし、所得によって寄付できる上限金額が異なるため、
返礼品の中で気になった製品でも寄付金額によっては諦めなければいけません。

そこで、ふるさと本舗ではふるさと納税の寄付だけでなく、
その地域の特産品や返礼品と同じものを直接購入できるシステムとなっているのです。

ポータルサイトでは珍しい寄付と購入、どちらもできるハイブリットシステムは
他にはないふるさと本舗の大きな魅力です。

③使いやすい検索システム

ポータルサイトでは取り扱っている返礼品の数だけでなく、
どれだけ検索しやすいか、ということも大きなポイントです。

ふるさと本舗では、トップ画面に詳細な検索システムが設けられており、
寄付金額やカテゴリなどから分かりやすく検索できるようになっています。

特に、ふるさと納税では寄付金額の上限が、返礼品を選ぶ際の重要な要素となりますので、
寄付金額から分かりやすく検索できるのは非常にありがたいサービスです。

また、食品の返礼品に多い定期配送も回数から検索できるようになっているため、
目当ての返礼品にアクセスしやすくなるだけでなく、
自分の希望にあった他の魅力的な返礼品に出会うこともできます。

 

ふるなび


ふるさと納税専門サイト「ふるなび」

★ふるなびのメリット

①「Amazonギフト券 コード」で1%還元!

「ふるなび」を選ぶ最大のメリットは、「Amazonギフト券」の還元があることです。

寄附金額の1%分が還元されます。

「Amazonギフト券」とは、Amazonが発行する、Amazon内のショッピングに使えるギフトカードのことです。

例えば1万円「ふるなび」で寄付を行ったとすると100円が「Amazonギフト券」で還元されます。

還元された「Amazonギフト券」はAmazon内のショッピングに利用することができます。

また「ふるさと納税」とは、自己負担額が実質2000円で地方自治体から返礼品を貰うことができる仕組みです。

しかし、この自己負担額の2000円という部分も、還元したいと考える方も多いのではないでしょうか?

「ふるなび」の場合は、寄付金額が20万円以上ある方は、
2,000円以上のAmazonギフト券コードを手に入れることができるため、
本当に実質無料でふるさと納税を行うことができます。

②上場企業が運営するサイトなので安心できる

「ふるなび」は「株式会社アイモバイル」という会社が開発や運営を行っています。

「株式会社アイモバイル」はインターネット広告事業等を複数手がける他、
株代理店事業通販事業、ふるさと納税事業、人材紹介など多岐に渡った事業を展開しています。

それだけではなく、東証一部上場企業のため、非常に安心感があります。

また、ふるさと納税関連事業を複数手がけているのも特徴の一つです。

まさに、「ふるさと納税に特化した企業」が運営を行っているため、安心してサービスがを利用できます。

③返礼品のクチコミ・レビューが豊富

「ふるさと納税」の返礼品は、美味しいお肉や魚、お米に野菜など
自分の好みに合ったものをしっかり選びたいですよね。

高額の返礼品を選んだ際、自分のイメージとは違うものが届くと非常にショックです。

返礼品選びは、絶対に失敗したくない方も多いのではないでしょうか?

ふるさと納税サイトでは、似たような返礼品が数多く並んでいるため、
味の比較がなかなかし辛く、どれを選んだらよいか悩んでしまうことも多くあります。

そこで頼りになるのが「クチコミ・レビュー」です。

「ふるなび」で、口コミやレビューを投稿している人は
必ず「実際にその返礼品を手に入れた人」に限定されているため、
非常に信頼性の高いレビューを見ることができます。

またレビュー数も豊富です。他のふるさと納税サイトの場合「クチコミ・レビュー」の機能はあるものの、
ほとんど機能していなかったり、レビュー数が数件や0件といったものもあります。

そんな中「ふるなび」の「クチコミ・レビュー」はレビュー数が多いのが特徴です。

1つの返礼品に対して評価が高いものから低いものまで、返礼品が届いた方の率直な意見が書かれているので、
返礼品選びの参考になります。

 

au PAY ふるさと納税


「au PAY ふるさと納税」とは、「ふるさと納税サイト」
または「ふるさと納税ポータルサイト」と呼ばれるサイトの1つになります。

本来ふるさと納税を行う場合は、それぞれの各自治体のWEBサイトにアクセスし
返礼品を調べた上で、申し込みや各種手続きを行う必要があります。

ですが「ふるさと納税サイト」では、各自治体の返礼品が1つのWEBサイトにまとまって掲載されているため、
調べる手間や申し込みが簡単に行えるため多くの方が利用しているサービスになります。

「au PAY ふるさと納税」とは、KDDIが運営するECショッピングモールの中で展開されている
ふるさと納税サイトになります。

同様の仕組みは、楽天市場内に存在する「楽天ふるさと納税」があります。

★au PAY ふるさと納税の特徴

「au PAY ふるさと納税」は、返礼品の掲載数は他のふるさと納税サイトと比較して少なめですが、
KDDIが運営しているだけあり、auポイントを活用したキャンペーンや、
auかんたん決済で便利にふるさと納税が行えるのが魅力です。

他にも「Pontaポイント」のポイント利用ができるため、
auユーザーにとって活用しやすいふるさと納税サイトと言えます。

 

ふるさとプレミアム


ふるさとプレミアムは、独自の視点で返礼品を紹介しているふるさと納税サイトです。

ほしい返礼品を見つけやすいと好評です。

トップページには、ランキングが掲載されているほか、
新着の返礼品がずらりと並んでいます。

ここには期間限定のものや旬の特産品なども多く並んでおり、
最新の情報がチェックできるのが嬉しいポイントです。

限定品は早くに品切れになってしまうことがあるので、
新着情報をすぐに確認できるのはありがたいです。

★ふるさとプレミアムの特徴

① 自治体を厳選して紹介している

ふるさとプレミアムでは、十分な運営実績があり、
利用者が安心して寄付できる自治体の情報を厳選して紹介しています。

ふるさとプレミアムに掲載されている自治体や返礼品は、
人気の自治体や良い返礼品ばかりです。

ぜひ安心してお申し込みください。

② 利用者が手続きしやすいよう工夫されている

ふるさと納税の寄付には所定の手続きや情報の確認が必要です。

ふるさとプレミアムは、ふるさと納税に関する情報や手順などをわかりやすく解説し、
返礼品を選ぶ利用者が迷わず目的を達成できるサイトづくりを目指して運用されています。

ふるさと納税についての説明ページは、必要な情報が効率よく掲載されています。

また、会員登録やふるさと納税の寄付が簡単に行えるようになっています。